お問い合わせ

078-600-2294

With The World

会社概要

Company

社会への使命

世界の果てまで教育を届け続ける

理念目標

1世界共同で社会問題の解決に向けて働きかけ続ける未来をつくる

2経済格差関係なく国際交流ができる教育環境をつくる

3没頭できる自分自身のテーマを見つけ、行動することができる人を育む

4文化や考え方の違いを受け入れ、協働できる人を輩出する

世界各地には、教育・貧困問題以外にも様々な社会問題があり、 今も苦しんでいる人々がたくさんいます。
それらが実際に起きているのは、私たちが住むこの地域であるにも関わらず、
そのリアルな現状を知る・触れる機会が少なく、 充分に理解しているとは言い難い現状があります。
世界各地の学校をオンラインでつなぎ、両者異なる視点を用いて、
学校×地域の大人たちと協同しながら両国の社会問題について考え、取り組む。
そのムーブメントを世界各地で同時に創り続けることで、 一歩ずつ社会問題の縮小を目指していきます。

代表挨拶

ある日、大学生の時、電車の中で貧困問題を訴える広告を目にしました。安全の日本で育ってきた私には、その情報が衝撃的で、実際に自分の目で確認をしようと、SNSでテニス道具を募り、テニスコーチとして東南アジアに渡りました。
約5か月間各地を回りながら、現地の人と話して実際の状況を自分の目で見て肌で感じた生の情報は、一生の財産であり、教科書から学べる情報とまた違う学びがあることにも気付きました。
世界では今も様々な社会問題に直面しており、その影響の矛先は我々や我々の次世代へと向いています。
今後、問題を解決する「課題解決力」が必要不可欠となる世の中において、どのような問題がなぜ日本、そして海外で起きているのか、またどんな行動が必要とされているのかを主体的に学ぶ機会を教育機関に取り入れることができれば、多くの若者が社会問題を身近に感じ取ることができるのではないかと考え、このプログラムを開始いたしました。
「私たちにできることは何か。」
少しでも今日よりも明日がより良い日を迎えられるために、世界中の学校の授業で、当たり前に違う国の同世代の学生と議論を深めていける環境を創れるその日までしっかりと歩んで参ります。
そしていつか国同士の強い協力体制を築いていける若きリーダーの輩出や1人でも多くの若者が社会問題解決に取り組むことに繋がっていければ幸いです。

With The World代表取締役社長五十嵐駿太

2015年より人材会社にて、営業と6つの新規事業開発を経験
【担当新規事業】レストラン2店舗・スポーツイベント(50,000名)・音楽コンサート(700名)・兵庫県ふるさとワーキングホリデープログラム・社内海外シンクタンク部門立上げ

大学時代、電車での広告や同時期に放送していたTV番組で教育活動を行っていた日本人に感化され、話を伺いにフィリピンへ訪問。会いたい人に会うため、エリアを変えながら個人テニスコーチとして、ラケット約100本など必要な道具をSNSで寄付を募り、約120人の子どもたちにマナーなども交えながら指導。その活動を通しながら例え学校に行けない子どもたちでも、彼らの覚えの良さや真面目な学習意欲から教育損失を起こしていることを肌で知る。今はその解決も目指しつつも、まず多くの若者に社会現象を知る機会を設けたく、今回のプロジェクトを考え、先ずは日本とインドネシアを通して実行に移すため起業。

チーム紹介

海外メンバー

  • Chris

    IT / ファシリテーターChristhoper Sedana
    Widhi Sumichan
    (Chris)

  • Shiska

    PM / ファシリテーターFransiska Natalia
    (Siska)

  • Yani

    PM / ファシリテーターMade Yani Anggarawati
    (Yani)

  • Devi

    ファシリテーターLuh Putu Arisyama Devi
    (Devi)

提携団体

CEO / 統括マネージャー /ファシリテーター 五十嵐駿太

大学時代、電車での広告や同時期に放送していたTV番組で教育活動を行っていた日本人に感化され、話を伺いにフィリピンへ訪問。会いたい人に会うため、エリアを変えながら個人テニスコーチとして、ラケット約100本など必要な道具をSNSで寄付を募り、約120人の子どもたちにマナーなども交えながら指導。その活動を通しながら例え学校に行けない子どもたちでも、彼らの覚えの良さや真面目な学習意欲から教育損失を起こしていることを肌で知る。今はその解決も目指しつつも、まず多くの若者に社会現象を知る機会を設けたく、今回のプロジェクトを考え、先ずは日本とインドネシアを通して実行に移すため2018年に起業。

統括マネージャー /ファシリテーター 西山和季(元 高校英語教諭)

大学在学中は学園祭委員会に所属し学園祭の企画運営に携わる。100人近い組織のマネジメントを行い、各学生団体が行う企画の運営サポートに尽力する。またCIEEの国際ボランティアに2度参加し各国の現状や課題を知る。大学4年時、就職活動をきっかけに学校教育に興味を持ち教員免許を取得。その傍ら、アルバイトとして働いていた大手テーマパーク内のアイデア・コンテストで2000近い公募の中、入賞。教員免許取得後、千葉県の市立高校、私立高校で教鞭をとる。アクティブラーニングや4技能型の英語教育を実践していくうちに、英語を使いたいと思える場所がもっとあればと考えるようになる。国際的な問題解決を目的にした、海外とのディスカッション形式で学ぶ、革新的な英語教育を行う株式会社With The Worldに出会い、参加することを決意。世界の現状を知り、自ら考え、世界中の人達と協力して、問題解決を行うという「学び」を世界中に届るため、活動する。

大学インターン生 川﨑公美子

岡山県の高校を卒業後、ニューヨーク州の大学へ進学し教育を専攻。長期休暇中にカンボジアのフリースクールでインターン。現地の学生に日本語と英語の指導、日本人とカンボジア人スタッフのマネジメント、団体のホームページの更新、助成金などを担当。夏祭りの開催や、Skypeでカンボジアと世界中の学校を繋ぎ国際交流を行うプロジェクトを指揮。 アメリカの大学卒業後、オランダの大学へ進学し社会学を専攻。海外生活を通じて「自分の意見を持ち、伝える力」「挑戦を恐れず、自身の選択と人生に自信を持って生きる力」「自身の周囲、世界で起きていることに対し当事者意識を持ちアクションを起こす力」の重要性を実感。これらの基礎は教育であり、この教育に世界のどこでも、そして誰でもアクセスできる環境作りをしたいと考え、帰国後は株式会社With The World に参加。インターン生として教育コンテンツの制作を行う。インターンの傍ら、アメリカの大学をオンライン受講しながら心理学を勉強中。

会社概要